ブログトップ

FF11±ゼロ。

zerohour.exblog.jp

<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

なんだろうと。

「リバース」のボタンを繰り返し押し、営業車の中で繰り返し曲が流す。
耳に残る高揚感のある曲に加え、それまで気にも留めてなかった歌詞が
ポツポツと解ってくる。

王都の西側に広がる、遠目に見える木々がうっすらと靄が掛かった
深く静かな森。
【西ロンフォール】。

故郷の共和国でも、現所属の連邦でもなく。
王国の表庭とも言うべき場所で、新生活をスタートした理由。
正直に言って、もう既に記憶にない。

2年の月日は早いものだ。あの当時のシゴトは店勤務。
あの当時、明日やるべきシゴトは判っていた。
少なくとも往くべき道は解ってたツモリだった。

だけど。
行き着く先への不安と自由人としての気概。
二つの間を未だ行きつ戻りつしていた気がする。

今朝、担当店に取り置きしておいたオアシスのCDを購入して早速、
移動する営業車の中で聞き流す。
「オアシス」を知る事になった曲になる。
曲が終わりかけると、カーオディオの戻るボタンを押しまくる。
強制エンドレス状態。

その曲は耳に残る高揚感のあるサウンドが好き。
ラジヲなどで聞いてきた、お気に入りのその曲は、本日を以って、
もう一つ、好きな理由が生じた。

ン年も勉強してきたのに結局大して身についてない語学力の某にも
歌詞が少しずつだがポツポツと耳に入ってくる。

繰り返し聞いているうちに、ふと思い出した事がある。
2年前にシゴト休みの日中に居間に寝転んでるウチ。
c0061753_21123978.jpg

そして、そんなウチがテレビの前で操る、フクスケと名づけた人形と
身構える【からくり士】。

『自らカスタマイズした自動人形「オートマトン」を操り、時に客を笑わせ、
時に敵を葬る、さすらいの大道芸人。
軽やかな身ごなしを活かした格闘技も身につけている。』

公式には上記に表現される、この職種。

実際にはオートマトン、通称マトンに指示を与えて、敵を屠ってもらうべく
行動してもらうのがカラクリの本分。
ただ、何をしたら思い通りに動いてもらえるのかが判らない。
マニューバ?
ディプロイ?
うーん、ナニソレ?ケモノみたいに、指示通りに攻撃してくれないの?
戸惑いつつも、ウチは攻略本の類は読まないままプレイをしていた。

分からないなりにも、フクスケに指示を出しウサギやオーク相手に
ペチペチと手を動かして、一緒になって叩いてくれれば満足だった。
今は全然判らなくたって構わない。
ウチはウチで自由に楽しんでやると思ってた。

営業車で簡単に昼メシを済ませる傍らで、改めて歌詞カードに目を通す。
『なんだろうと自分が選んだものに 俺は思いのままになれるんだ』
『どこへだろうと好きなところに 君は自由に行っていいんだ』

シゴトの展望への不安を、からくり士として自由気ままにフクスケと
うろうろと歩き回る事でなんとなくバランスを取ってた気がする。

今は当時が懐かしくなるくらい忙しいし、シゴトに追われてる気もする。
I'm free to be whatever I
Whatever I choose
その気になればWHATEVERの鼻唄でも歌いながらシゴトもしてやるさ、
そんな気分を思い出した金曜日の午後。

【からくり士】1>>7
[PR]
by zerohour_co | 2010-06-11 21:18 | FF>>からくり士