ブログトップ

FF11±ゼロ。

zerohour.exblog.jp

<   2010年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

冬休みに。

バッカスの僕にノックアウト寸前のオツムを抱えつつベッドに潜り込む。

すぐにでも意識が飛んでしまいそうな、逆に酔ってるけども延々と
眠りに落ちなそうな。
分をわきまえず深酒したー!と思うとき、そんな思いに囚われる時がある。

重くなった瞼を開き、枕元に置いてある一冊の本のページをめくり始める。
赤羽にある、ビジネスホテルの一室。

「どうする、次の14やるん?やるんだ!?もう種族も決めてる!?ンマー。
ウチ?ウチはなあ、ヒラヒラがあるかないかで決めようかなあ~と」

立春も過ぎ、ようやく取得した冬休み。その冬休みを利用して上京したウチ。

もっともニイガtに来てから3年が経つけど、就職して以来10年も東京に
住んでいたために、未だ「帰ってきた」という印象もある。
そんな中で気心知れたFF11フレの3人とオフ会。

訂正。
オフというよりジンギスカンとビールを片手に、ただの呑み会。
そう言った方がシックリとする程、軽口を叩きつつもお互いにヴァナでの
近況を知らない。

3人のフレも一人は冒険をし続け、二人は最近全くログインすらしてない。
ウチ自身も冬休みを取る前週まで数ヶ月にわたりFF11に【ログイン】すら
出来てない。

シゴトが大変。
帰りが遅い。
体力がもたない。
挙げてゆけば色々と理由はあるけど。

お店のオバちゃんに肉の焼き方をいちいち聞きながら、ビールを咽の奥に
んぐんぐ流し込んでるとき、以前会った時よりも大分とシュっ!となった
ヴァナではタルタルのフレが言った。

フレ「要するに熱が無くなってきちゃったんだよね」
ゼロ「ワカル」

戦士から始まり白魔、ケモノへと続いてゆくペット職種の全てで、愛着は
今でもある。

FF11で遊ぶ時間が取れないのを言い訳に。
いつの間にか、FF11で遊ぶのを避けてきた自分がいる。
各種のミッションやクエストがソロでは出来ないのを言い訳に。
いつの間にか、集団で何かしようと、主体的に行動するのを避けてきた
自分がいる。

それをフレに言い当てられた気分がした。

フレと別れて、赤羽のホテルに戻ってからベッドに潜り込む。
出張や旅行で必ずウチが携帯する一冊のページをめぐり始める。
FF11の「プレイ日記」。

旅行とか出張とか初めて足を踏み入れる場所に対する昂揚感、
あるいは不安は、FF11を始めたばかりの感覚に似てる気がする。
そんな時にフト読みたくなるのが、この本だ。

ヴァナ・ディール【Vana' diel】
剣と魔法と技術が交錯する美しい世界。『ファイナルファンタジーXI』の舞台

冒頭の一文から、酩酊したオツムに電流が流れまくる。
あのゲエムをプレイした人なら皆がわかる。
様々な出会い。
喜び。
チョットだけ切ない気持ち。

楽しいと思えるからこそタラタラと遊び続けるのではなかったか。
明日から、もうプレイが出来ませんよ、と言われたら是と出来るか?
フレンドとは、不思議なモノだと思う。
リアルでもヴァナでも色んなモノに気付かせてくれる。

もうちっと色々とやってみようと思う。
[PR]
by zerohour_co | 2010-03-28 20:33 | FF>>日常