ブログトップ

FF11±ゼロ。

zerohour.exblog.jp

<   2007年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

花火。

【白魔導士】の装束を着て移動魔法を使い、砂漠に降り立つ。
途端に陽気な音楽が鼓膜を打つ。
チンキキ、チンキキ、チンキキ、チンキキ。
ヴァナ・ディールで現在展開されている夏恒例「あまずず祭り」。

前任者が優秀につき早々に上のステージへ引き上げられた某。
ニイガt赴任から3ヶ月という早さでトコロテン式に店舗責任者、
通称、「店長」に押し上げられて早1ヶ月弱。
忙しさに紛れ【ログイン】すらママならないヴァナ・ディールに
久しぶりに降り立つ日曜日。
当然の如く左手には、昼間からアルコールを充填した缶を片手に。

ドーン。どーん。ドドーン。バラバラバラ。どどーん。ばらばら。

所用で故郷たる共和国に戻る際に、砂漠に咲く大輪の花を見て、
ヴァナでも現実でも夏本番になった事に今更ながら気づかされる。

あ゛?
暫し見とれてた画面上に踊る花火の音と、耳に飛び込んでくる音に
ズレがある。

昼から呑んでる缶を片手に持ったままソッコー表に飛び出した。
c0061753_2049937.jpg

階段を駆け上がり、家の直ぐ前に広がる鳥屋野潟を縦断する橋の
欄干から見えた刹那の大輪。

面白いモノで。
橋から花火を見つめる大勢の人に紛れて手に持ったチューハイを
仰ぎながら聞こえてくるのは、彼のお囃子。
脳裏に蘇るチンチキで始まる、あますず祭りの音楽と眼前に広がる
夜空の大輪。

現実と仮想世界の出来事が綯い交ぜになった状態を楽しむのは、
何故こんなに楽しいのでしょう?

イベント。
そう勝手に名付けた日々巻き起こる突発的雑用、トラブルの数々に
翻弄されつつの、たまの休み。
偶然見た花火に、ウチはアルコール片手に思うのです。

おちこんだりはしないけど、 私はげんきです。

某震災で被害のあったニイガtに移住した事もあって、恐れ多くも
ウチの身を案じた諸氏もおられる模様。
なれど、どうかご心配なきよう。
[PR]
by zerohour_co | 2007-08-05 20:23 | 浮き世のコト