ブログトップ

FF11±ゼロ。

zerohour.exblog.jp

<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ソレがなければ。

「きたきた。」
呟いた、その一言が引き金となって網膜に映像が横切る。
朝の光が注ぐ明るい部屋の中、キレイな娘さんが頭から
かぶった毛布を跳ね上げる姿。

ソレがなければ、いつもの眠い休日でした。

かの娘さんのナレーションを少し変えて言の葉に載せてみる。
。。。そうかもしれん。
ティロリロリンてぃろりろりん。
遥か昔に聞きなれた音に暫し耳を傾ける坊主頭の休日。

試用期間の研修中の身ということもあり、最近は週休1日で
稼働してる某坊主頭。
いつもなら、その貴重な休日の殆どをゲエムFF11の舞台、
ヴァナ・ディールでプラプラと無為に費やすウチではあるが。

あいにく、プレステ及びHDDの一式は修理で手元になく。

家に唯一残った娯楽再生装置たるノートPCであるデLLも。
7泊8日300円也でレンタルしてきた「ナrニア国物語」を、
お迎えが近い事を予感させるデLLがDVDを認識をせず。
テレビから流れる賑やかなバラエティ番組に食指が動かず。
そして、強度の活字中毒でも手元の本も読む気が起きない。

そんな時。

ウチはバックから、空色の機器を取り出す。
任天堂DS。
業務日報を書く際に使う為に日頃から常に持ち歩きつつも、
スロットに刺さっているのは「楽引辞典」という辞書ソフト。

それをスロットから引き抜いて、代わりに差し込んだモノは。

前職でウチのアシスタントをお願いしてた同い年の女性と
競い合いながら攻略をした、配管工のヒゲヲヤヂのゲエム。

一度【大ボス】を成敗しても
尚、楽しめるのが往年のナmコ
ファンとしては複雑骨折した心憎さ。

ゴールに向ってポインぽいん跳ね回るヒゲヲヤヂ。
オコサマの時分の懐かしさを伴った気分で、彼を操作してた
ウチは突如息を呑んで、彼をワザと手前の穴へ落下させた。

そのエリアは、2-4。
ゴール手前の段差から、カメがトコトコと降りてくる。
。。。アレが出来るかも!?
眉間にバチバチ稲妻が走っちゃう級の直感が伝播して、
思わず指先に力が入る。

段差でカメを潰したら、踏みつけるように真上にチョットだけ、
ヒゲオヤヂをジャンプさせる。

幼少の砌、コレを聞かないとゲエムをしてる気にならんかった
聞き覚えのある音が耳を打つ。
「きたきた。」
思わず呟くウチ。

ティロリロリンてぃろりろりんティロリロリンてぃろりろりん。
軽快な音とカメの背中に乗って、飛び続けるヒゲオヤヂの姿。
c0061753_959630.jpg

かつてのヒゲオヤヂを知ってる紳士淑女ならば誰もが知ってる
禁断の秘技。

無限増殖。
電脳遊戯新超髭兄弟でも健在でした。

朝ゴハンは、ちゃんと飲んではいませんし、ソレがなければ、
いつもの眠い休日のままでしたが。
連続する1up音を聞いたお陰で。
無為な休日が充実した一日に換わった気になるオメデタサよ。

そんなオバカな自分に呆れつつ、ちょっとした事で愉快になれる、
そんなオバカさ加減が実は結構好きだったりする、今日この頃。
[PR]
by zerohour_co | 2007-01-28 23:03 | 浮き世のコト

ご対面。

巨躯を背中にある二枚の翼をゆっくりと羽ばたかせ中空で
待ち受ける、その姿。

シャンシャンシャンと場違いなジングルに苦笑しつつも。
キーボードの前で胡坐をかいてた足がカタカタと震えるのを
押さえられないウチがいる。時は七草の日。

本来は、「虚ろなる闇」という現象に蝕まれた者を隔離し、
住まわせるために創り出された夢の世界。
通称、【裏】。

その中の一つ、亡国となった首長王国の属領の生存者が
住まう地下壕を模した【裏】世界をウチは全力で駆ける。
【デュナミス-タブナジア】。

【裏】が実装された時の謳い文句。
「アライアンス(注:6人PT*2~3)を超えた多人数による
モブ戦(大集団戦闘)をお楽しみください」

そんな趣旨は何処へやら。
裏タブナジアの最大突入可能人数は18人。
しかも、初期占有時間15分、最長でも占有可能時間は90分。
そして。
この裏世界に突入するために必要なアイテムが100万ギル。
これを参加者で頭割りすると、参加料は一人当たり5万ナンボ。

しかも、初期占有時間の15分で強制排出されちゃったら。。。
一分あたり【えーっと。。。】
時間延長を獲得できたら、一分あたり料金は【えーっと。。。】

そんな見苦しい理由で、地下壕の中をウチは全力で駆ける。
所持金がギリギリ6桁あたりを彷徨ってる極貧のウチには、
そうそう何回も来れる場所じゃないもの。

事前の参加表明により3チーム編成された18人の冒険者は、
アライアンスから外れたり戻ったりと離散集合を繰り返しつつ
時間延長と【ボス】の出現条件を満たしてゆく。

予定を立てるという事が得意でなく、その日暮らしが多いウチ。

18人もの仲間達が各自決まった役割をキチっと全うしながら
有機的に機能し、一つの目的に向って収斂してく様を見て。
ついゾクゾクしてしまう。
キーボードの前で胡坐をかいてる足が、カタカタと震えるのを
押さえられない。
この震え、寒さばかりではない。

本来は「偽証者」「中傷者」といった意味を持っているそうで。
その姿から一定年齢以上の紳士淑女の冒険者諸君からは
「デビルマn」と揶揄される、夢を司る霊獣。
【ディアボロス】。

その巨躯を背中にある二枚の翼をゆっくりと羽ばたかせて、
中空でウチらの行動開始を静かに待っている。
【裏】世界を創り出した張本人と、遂にご対面。
c0061753_1732821.jpg

年末に開かれるイベント、星芒祭の際に大公国で流れてる、
シャンシャンシャンという賑やかなジングル音が特徴の曲が、
裏活動独特の緊張感を完全に削いでるけど。

どうやら、侵攻ルート途上に配置されてる数体のデビルマnの
分身に視覚的に発見されると、曲が変わるようになってる模様。

ゼロ「最終決戦に相応しくない曲やねぇw」
「んだw」
そう仲間達と苦笑いしつつも、各リーダーから【準備完了!】の
報告が入ると気分も多少引き締まってくる。
悲喜こもごもの【裏】【ラスボス】との戦闘があるとも思わずに。

だから、「悪夢ヲ喰らい合ウ者」の称号は最近、一番お気に入り。
[PR]
by zerohour_co | 2007-01-19 03:21 | FF>>裏活動

ブルータス。

女性の声ながら、どことなく無機質に聞こえる音声案内に従い、
顔と肩の間に受話器を挟みながら番号をプッシュする。
通話がオペレータと繋がるのを待ちながら窓ごしに空を眺めた。

昨日の勤務についての業務日報を書き終えて。
出勤準備のため歯ブラシ片手にプレステ電源スイッチを押した。
午後出勤が最近多いウチは、まっ黄色な【チョコボ】に成長した
ウチのコのお世話をしてから家を出るのが最近の日課。
しかしながら。。。

ぎゅーん、ギュルぎゅるぎゅるギュル、カカカかッカ!

PS本体から発せられる、音を耳にした刹那。
余り思い出したくない類の記憶がオツムを過ぎる。
ゼロ「ブルータス、お前もか」

何故でしょう?
シェークスピアもマトモに知らないのに、このセリフだけは結構
頻繁に口をついて出てきます。
そして、何故でしょう?

イヤな予感というものは大抵当たるようになっています。

今度のブルータスの正体は。
プレステ2の電源を入れても、HDDが認識されていない模様。
その結果。
HDD起動後に現われる画面ではなく、ディスクの入ってない
状態のPS2本体のメインメニュー画面が映る、という次第。

HDDが認識されない状態だとネットワークへの接続も出来ず、
すなわちFF11が出来ない状態。

書類入れの中に埋もれてたプレステの説明書を取り出すと、
上半身ネクタイ姿に下トランクスに裸足、というアンマリ他人様に
見せたくない姿で、受話器を手に取る。

21世紀に突入して数年経つというのに、未だにコードレスも、
留守電機能すらもついてない、窓際においているプッシュホン。

女性の声ながら、どことなく無機質に聞こえる音声案内に従い、
顔と肩の間に受話器を挟みながら番号を押す。
無意識に出る溜め息ひとつ。
通話がオペレータと繋がるのを待ちながら窓ごしに空を眺める。

程なくオペレータのキクチさん(仮名)が用件を問うてきた。
状況を掻い摘んで伝えると、柔らかな言葉遣いながら事も無げに
キクチさんは言い放った。
「検査と修理で、PS本体とHDDを1ヶ月ほどお預かりします」

まず網膜に浮かんだのは。
黄色い【チョコボ】として成長を遂げたウチのコが30日にわたる
放置プレイの末に老いて、かつグレちゃう姿。

1ヶ月イコール30日もの間【チョコボ】をお世話できない状況が
続くのならば、「親同然」と連日言われてた愛情のパラメータも、
ヌマさんと同じように
ようやく復帰した直後に、【チョコボ】を預けていた飼育に関する
協会会長様たる首長族から。

Hantileon :
あなたのことは…… 全然気にとめてないみたいですよ。

そう言われる事は自明の理、そんな様にも思える。
うーん。
そう唸った2秒後、口の端も乾かないうちに発声する。

ゼロ「はい、じゃソレで」

ヴァナ・ディールに降り立てない状態が続くなら、PSとHDDを
手元に置いていてもいなくても同じコト。
c0061753_10255458.jpg


決断の正誤は別にして、即断即決がウチの特性であることは、
自身の長所であると信じつつ。

宅配業者サンがブツを回収にくる日時と段取りを確認してから、
首と肩に挟んだ受話器を置いて、家を出た。

また雨が降り始めていた。
徒歩で通える距離にある、研修先の勤務先まで向う、その途上。
たらこ~たらこ~たっぷり、たらこ~の着信音が、周囲に漏れる。

ケータイを耳元にあてるウチに、確認漏れのお詫びもソコソコに、
追加連絡をくれるキクチさん(仮名)。

キクチさん「ハードディスク内の記録を消去する事を同意下さい」
ゼロ「。。。【本当に?】」
キクチさん「本当です。」

逝こうぜ!
インストと各種設定が延々果てしなく続く、無限大の彼方へ。

つい先日の苦闘も思い出し。
現実のお空と同じ、心もしとしと雨模様。

それでも。
モチロン即答で「おk」と言いましたとも。ぇえ。
だって、男の子だもn
[PR]
by zerohour_co | 2007-01-17 11:27 | 浮き世のコト

一先ず置いていて。

足元に斃れてる羊から目を離し、某【サブリガ】量産型は
次の獲物を求めて走り出す。
風車が回る、この場所に今日も風が吹いてきた。

かつて、この地で睨み合う王国・共和国両軍将兵の胃袋へ
パンとして収まった事もある、小麦粉を作るため共和国製の
風車が今日も回る。
【コンシュタット高地】。

シフ再開後の初冒険だった前回、お約束ぷりけtを喫して、
経験値を元の水準まで戻すため、という事もあるけど。
新しい職種を始めるとき、ナンダカこの場所に戻ってしまう。

足元に斃れる羊から目を離して、ウチは次の獲物を求めて
風車の回る坂の方に向って走り出す。
c0061753_22341052.jpg

埃っぽい地面むき出しの荒野が続く故郷共和国周辺からの、
緑鮮やかな転調。
のどかに回る風車。
それに纏わる、シタタカで人間味溢れる逸話。

見るもの全てが新鮮だった、駄戦死のあの頃を懐かしむ程
倦んでるワケではないけれど。

ちょっと弱めのハチを追いかけたり。
弱いと侮ってた、トカゲの石化光線に戦慄したり。
駆出し冒険者にとっての災厄「デカ羊」の姿を遠くに視とめて
猛然と回れ右して距離を取ったり。

傍らを通り過ぎる冒険者を眺めたり。
ウチを気に掛けてくれてるフレ様からのピンク色したログに、
時折返事をしたり。
あるいは、返信する余裕がないほど、ぷりけt分水嶺ギリの
戦闘にジリジリとしたり。

次々とイベントやシステムが導入されたり改良が加えられる
ヴァナ・ディールを一先ず傍らに置いていて、好きな場所で、
好きなことをしながら、過ごす時間も悪くない。

そんな事をつらつら思いながら、また一匹ハチを屠ったら、
レベルが一つ上がった。
【シーフ】15>>16。
意外に充実した気分を味わいながらシゴトに出撃するため、
その場に座り込んでヴァナ・ディールからログアウトした。

誰かが、その姿を見ていたら、最後にニヤリと口の端を
斜めに釣り上げた姿を見ることが出来たろう。【/grin】。
[PR]
by zerohour_co | 2007-01-13 22:34 | FF>>シーフ

【どちらですか?】。

パリパリと独特の音がして剣に雷属性の附与魔法が掛かる。
その剣を猫耳種族が抜き放った姿が目に焼きついた。

首長王国の厩舎協会から借り受けた【チョコボ】の背に跨り、
目に刺さる様な強烈な照り返しが印象的な白砂を駆ける。
【バルクルム砂丘】。
砂丘に隣接する秘密の入り江を案内した少女の名前を冠した
港町セルビナに乗り付けて一息つく某量産型。

放擲する前に多少上げてたシーフ篇は新米冒険者のメッカ、
ここ砂丘からお送りする事から始めましょう。

くわえてた歯ブラシを置きに一旦台所に立ち、ジャージの裾で
口元を拭いながら戻ってくると、お誘いのサインが立っている。
お誘いのメッセージはログには残っていない。

いわゆる「無言誘い」というヤツで、ある程度旅慣れた日本人
冒険者様ならば、まずしない行為。
うーむ。
モニターの前で、中途半端に伸びた頭をさする某坊主頭。

可能性は二つ。
一つは、この世界に足を踏み入れたばかりの日本人冒険者が
操作を誤って無言誘いをしてしまったか。
もう一つは、お堅い日本人特有の礼儀作法を意に介しない、
外国人冒険者からのお誘いか。

こんな時、ウチの選択肢は一つしかない。
/join
そうキーボードを打って、モニター向こうで口の端を上げつつ、
「【こんにちは。】よろしう」と双方の可能性に対処できる挨拶を
抜け目無くするウチ。

やらないで後悔するくらいなら、やってみて反省する方がマシ。

そんな思考回路を持ったリスク好きのウチが、ドッチに転んでも
ネタになる状況を逃すワケがナイ。
ある種の予感を胸に秘め、砂丘一番人気の狩り場たる海岸線に
集結する冒険者たち。
赤モシ赤召と【シーフ】のウチ。

さて、先の答えは【どちらですか?】

果たして、無言誘いの意味は後者。
しかも。
敵を己に引き付ける事で、体力の劣る後衛様の守るためには
不可欠の能力【挑発】をもった前衛は、もう一人の【シーフ】様と
ウチの二人のみ。
元来体力に勝り、ウチよりレベルが3つも高い【モンク】様人は、
サポートジョブ無し。
すなわち、ホントの駆け出し冒険者様。

。。。コリャ、面白くなってきた。
リスク好きの坊主頭は、俄然愉快になってくる。

波打ち際で感情表現のコマンドで英文で水を掛け合い戯れる
外国人様に暗黙裡に不安を共有する日本人が二人。
同じく無言誘いに乗っかって、たまたま同じパーティに入った
知り合いの【シーフ】様がウチに話掛けてきた。

シフ様「このPTヤバイってw抜ける?」
ゼロ「海岸に全員集まるまで90分と既にグダグダなんだから
今抜けたら、その90分が勿体無いw」
シフ様「何かあったら抜けるからヨロシク」
ゼロ「あいよ。ウチもそうする~楽しみませう【/grin】」
シフ様「楽しめないyp」

リーダーの方の【赤魔導士】様から、特段指示もナイので。
ウチが釣り役、相方のシフ様が迎え役で戦闘を開始する。
カニやトンボを釣れてくる量産型シフのウチ。
【挑発】で迎え撃つ体制を整える、猫耳シフ様。

召喚獣【カーバンクル】を呼び出す【召喚士】様。
ひたすら獲物を殴るモンク様。
常に最前線で果敢に剣を振るう二人の赤魔様。

パーティ戦闘の醍醐味である【連携】もなく、協力体制もなく、
秩序もない戦闘に、【挑発】を交互に繰り返しながら戦慄する
日本人シーフ組。

交互に挑発を繰り返しつつも、既に日本人組みの生命力は
瀕死で真っ赤。
ゼロ「【回復してください!】【シーフ】*2【ケアル】plz」
すると、パリパリと独特の音がする。

ゼロ(みゅ?)
あまり聞きなれない音に視点をぐるりとトンボから振り向ける。
見ると、猫耳赤魔様が剣に附与魔法を掛けていた。
雷属性の効果を武器に附与する【エンサンダー】の魔法。

ゼロ(ヲイヲイ。回復は~?)

その剣を猫耳種族が抜き放った刹那、トンボの一撃が貧相な
装備の【サブリガ】【シーフ】を直撃する。

正月の三日に目に焼きついた光景は、果敢に戦闘に参加する
猫耳赤様の姿と、ガクリと崩れ落ちる某の姿。
c0061753_2094082.jpg

07年の初ぷりけtは、正月三日4戦目の戦闘で拝めました。
赤様「wow」
ゼロ「あはは。お約束の展開。それもワオ!てなんやねんw」
シフ様「ダメ外人PTの典型だ。今更回復始めても遅えって」

明日は我が身のぷりけt姿、そう思ったか。

俄然、お尻に火がついた外国人冒険者様たち。
投打、もとい攻撃と回復が噛み合ったとは甚だ言えないけど。
【百烈拳】や【連続魔】など二時間に一回使える大技連発し、
なんとかトンボを沈めた直後。

相方シフ様「じゃ抜けるわ。【さようなら。】【パーティ】」
ゼロ「あーい。じゃ、ウチも訊いてみるわ。」

my HP is 【アルトガン白門】【どうすればいいですか?】

入った時と同じく、無言でパーティをキックされた【サブリガ】
姿の量産型は、ホームポイントを設定してた皇国に戻って、
冒険者でごった返す辺民街区でフト。

闇が最も深くなるのは夜が明ける前。
。。。か。
学生の時分に読んだスペースオペラの一文が頭をよぎる。

初めの一歩はおろかイキナリ半歩下がった感の仕切り直し、
悪い事から始まったら後はゆるゆる進んでいくだけなのです。
【シーフ】15>>15。
ドチラに転んでも、愉快な事として脳内変換できる坊主頭の
次回は、【どちらですか?】
[PR]
by zerohour_co | 2007-01-07 20:09 | FF>>シーフ

事始め。

中の国を構成する4国中でも盟主的存在、大公国の港に
波しぶきを立てて飛空艇が飛び込んでくる。
首長王国行きのソレを発着場で新年早々待ち受けてた、
量産型が一人。

独り竜マゲの苦行に勤しむ、しゃんでぃ様を水先案内人に。
某世界のやまちゃnの手羽先を食べに中京に繰り出す前日に
【青魔導士】が還暦に到達してから、はや2ヶ月。

それから本日までの間。
不滅隊と通称される大規模青魔集団の端に加えて頂いて、
ラーニング小旅行に出向いたり。
はたまた。
日々軽くなるサイフに戦々恐々としながら、首長王国にいる
首長協会会長に託してた【チョコボ】が日々大きく、そして、
「軍羽向き」と太鼓判を押されてたのに赤でもなく黒でもなく
平凡な黄色になってくのを悲しみ半分で育成したり。

チョコチョコと色んな事をしてはいたのです。
ただ、積極的に行動にするコトはしてなかったのが実態。
理由は簡単。
次にやろうとする事に何だか気後れしてたから。

敵の背後に回って攻撃する事で必ず大ダメージを与える、
【不意打ち】。
はたまた味方の背後に回って敵を攻撃する事で敵対心を
味方に擦り付け盾役様をサポートする、【だまし討ち】。

敵や味方の背後から攻撃することで大活躍が約束される
特殊アタッカー、君の名は。
【シーフ】。

青魔マゲを還暦で一旦中断したのも、サポートジョブを
シーフにして上記2つの能力を使いこなせる様になると、
モテモテさん当確とフレンドの方に唆されたから。

だけどね。
上記2つのシーフ独特の戦闘能力に加え、回避率の高さと
【とんずら】での逃げ足の速さと合わせ技一本!
優秀な釣り役としての側面や補助能力も併せて見るにつけ。

シフ様って、昔からンマイ人しか手を出しちゃイケナイような
玄人好みのかほりがプンプンするのです。
釣り役としての性能で、その人の全人格が判断されるような
危険なかほりがシフ様にはソコハカトナク漂うのです。
ウチの自宅のユニットバスはジャスミンのかほりではなく、
今日大掃除したばっかりでカビキラーの塩素系のかほりで
充満してるのです。

ジャスミンとカビキラーのかほりはサテオキ。

ソロでレレルマゲをしてた時、一度も【不意打ち】を発動しての
WS(=ウェポンスキル≒必殺技)を成功させる事も出来ず。
ソロマゲの辛さも手伝って苦手意識の生まれたシーフに対し、
15歳になった途端に放擲して以来、二年が過ぎた。

そして。
大公国の港に着水せんとする首長王国行き飛空艇を待ってた
【サブリガ】量産型のウチ。
c0061753_1250720.jpg

【シーフ】再開する事にしました。

一度投げ出したのを「事始め」とするは傍ら痛いワケですが。
一日の計は朝にあり一年の計は元旦にあり。
自分に負けるのがイヤなウチが、中途半端に投げ出してた、
この苦手意識のある職種を再開するには良い機会と思う。

青マゲ時とは違い、今はシゴトで思うように時間もないから
ズギュギュギューン!と上がってかないと推定されるものの。
ますます軽くなる懐具合に戦慄しながら、ごんごらごんごら
シフマゲをしてゆきたいと考えております。

栄光と自信に溢れるか挫折と恥辱に塗れるかは不明だけど
ぷりけtネタだけは満載かもしんない。
そんな感じで本年は。
脳内会議から始まりました6年目のヴァナ・ディール生活。

全国1億2千万人、玄人【シーフ】の皆様にはご指導の程、
宜しくお願いいたします。
あと。
【誘ってください】【シーフ】
[PR]
by zerohour_co | 2007-01-03 12:50 | FF>>シーフ

新春オーバードライヴ。

地下鉄のドアが開くと、ホームに人が溢れている。

レディースアンドゥジェントルメーンおとっつあんおっかさん、
晴れ着姿のオネーチャン、つなぎや特攻服のオニイチャン、
左手に破魔矢、右手に缶ビールを持った外国人の一団。
改札を抜け、地上に出る間にも色んな人とすれ違う。

初めて訪れた浅草雷門前は、ある意味人種の坩堝的賑い。

生まれて初めて正月に寺社に接近して、初詣に参拝する
人の群れを目の当たりにした。
c0061753_1124584.jpg

新年早々、参拝客で賑わう雷門を見る機会に恵まれました。
シゴトで。
どちら様も、あけましておめでとうゴザイマス。

箱根駅伝に出てる母校の順位どうなったかヤキモキしつつ、
研修の一環で浅草雷門前にある自社研修所で、研修中の
社員同士が集まってのミーティングに出社しております。

初詣客で賑わう雷門周辺に三々五々集結してくる、場違いな
ダークスーツの一団。

ゼロ「いやあ正月2日から雷門見たら初詣効果抜群だね。」
同僚「賽銭と拍手打たんと意味ナイってw」
無宗教主義というより強烈な不信心で知られる某坊主頭は、
かようにノタマわって新年早々に周囲の失笑を賜りました。

自らが捲き起こす「やっちまった」的パップニングを無理やり
愉快なコトに脳内変換して、坊主頭の企業戦死はユルユルと
本年も過ごしてまいります。
新春からオーバードライブ気味ですっ飛ばして、公私はもとい
ヴァナ・ディールでも空回りと空騒ぎで迷惑を掛けて回りますが。

旧年と変わらぬご愛顧の程、ヒトツ宜しくお願いいたします。
[PR]
by zerohour_co | 2007-01-02 11:02 | 浮き世のコト