ブログトップ

FF11±ゼロ。

zerohour.exblog.jp

カテゴリ:浮き世のコト( 144 )

新春オーバードライヴ。

地下鉄のドアが開くと、ホームに人が溢れている。

レディースアンドゥジェントルメーンおとっつあんおっかさん、
晴れ着姿のオネーチャン、つなぎや特攻服のオニイチャン、
左手に破魔矢、右手に缶ビールを持った外国人の一団。
改札を抜け、地上に出る間にも色んな人とすれ違う。

初めて訪れた浅草雷門前は、ある意味人種の坩堝的賑い。

生まれて初めて正月に寺社に接近して、初詣に参拝する
人の群れを目の当たりにした。
c0061753_1124584.jpg

新年早々、参拝客で賑わう雷門を見る機会に恵まれました。
シゴトで。
どちら様も、あけましておめでとうゴザイマス。

箱根駅伝に出てる母校の順位どうなったかヤキモキしつつ、
研修の一環で浅草雷門前にある自社研修所で、研修中の
社員同士が集まってのミーティングに出社しております。

初詣客で賑わう雷門周辺に三々五々集結してくる、場違いな
ダークスーツの一団。

ゼロ「いやあ正月2日から雷門見たら初詣効果抜群だね。」
同僚「賽銭と拍手打たんと意味ナイってw」
無宗教主義というより強烈な不信心で知られる某坊主頭は、
かようにノタマわって新年早々に周囲の失笑を賜りました。

自らが捲き起こす「やっちまった」的パップニングを無理やり
愉快なコトに脳内変換して、坊主頭の企業戦死はユルユルと
本年も過ごしてまいります。
新春からオーバードライブ気味ですっ飛ばして、公私はもとい
ヴァナ・ディールでも空回りと空騒ぎで迷惑を掛けて回りますが。

旧年と変わらぬご愛顧の程、ヒトツ宜しくお願いいたします。
[PR]
by zerohour_co | 2007-01-02 11:02 | 浮き世のコト

ゆく年くる年。

環七と交差してて日頃は交通量が多い、ウチの前の通りも
クルマの流れが明らかに少ない。
c0061753_104791.jpg

師走特有のバタバタした雰囲気も、御用納めをする会社や
帰省などで、心なしか街の喧騒が落ち着いた気がする。

アメ横でオツマミをどっさり買い込んだ後、購入から4年で
走行距離が未だ1万キロに満たない自家用車の赤フィットを
安全運転させて隣県の実家に帰る。

そんな毎年恒例の行事もせず、未だ首都に残り続ける某。

入社直後につき有給ナシ。
企業カレンダーにも旗日はおろか年末年始に全く休暇日が
入ってないカイシャに入った宿命で。
今年は大晦日にも関わらず午後から出社の準備中。

テレビから流れる総決算的なワイドショーの映像とコメントを
聞き流しつつ、歯ブラシ片手にベランダにでて外を眺める。

交通量の少なくなった眼下の通りと周りの街並みを見てると、
十数時間後に訪れる新年を街全体がじっと待ってる気がして
なんだか愉快な気分になってくる。

卒業以来8年勤めた会社へ辞表提出、散財しつつも気楽な
浪人生活、半分旅行気分だった転職活動、そして転職。
色んなコトを経験した今年。

【竜騎士】【忍者】【戦士】【青魔導士】の各種レレルマゲと、
合成生活。そして、未だに終わらないプロマシアミッション。
ヴァナ・ディールでも色んなコトを経験しました。

その度に出会う、愉快なコト、不愉快ながら笑ってしまうコト。
そして、縦糸もしくは横糸にそれらを織り成していく人達。
リアル生活もヴァナ・ディール生活も、今年も色んな人と会い、
色々と経験させてもらいました。

この場を借りて、ウチと関わった全ての皆様に篤くアツク!
本年お世話になりましたこと、御礼申し上げます。
【ありがとう。】
そして。
今月後半、忙しすぎて更新回数が激減したウチのブログに
一日三桁のアクセスをしてくれた、まだ見ぬ皆様も含めて。

リアルでは坊主頭を、ヴァナ・ディールでは某量産型を。
来年もよろしう。

ゆく年くる年の挨拶は、コレくらいにして年内最後のシゴトに
出撃してまいります。ノシ
[PR]
by zerohour_co | 2006-12-31 10:04 | 浮き世のコト

大願成就。

前半も終わりに近い、44分。
『ポンテの突破からワシントンが勝ち越しゴールを決め、
前半を2―1のリードで折り返した』ところでテレビを消して
玄関のカギをかけた。

もう大丈夫。
最後まで見届けたい衝動と格闘しつつも、ウチはクルマの
鍵を取り出して買い物に出掛けた。

93年の発足から3ステージ連続最下位。
不甲斐ない内容の試合を観るたびに本気で怒った。

Jリーグ初の下位リーグ転落に本気でヘコんだ。
翌年のJ1復帰に雄叫びを挙げて歓喜した。

一番好だった選手ギドの引退に喉の奥がウッとなり、
幾年か経ち彼の監督就任の報を聞いて目頭が熱くなった。

ウチらは、自分たちがスタンドを赤く染め声を上げることが、
選手とサポーター自らにとって最高の演出になると信じている。

勝ったときには「We are REDS!」と大合唱し。
エキサイトしすぎて、かつてはピッチになだれ込んだり、
相手選手やサポーターをガンガン威嚇したりもしたけれど。

03年ナビスコ杯獲得。
04年2ndステージ優勝。
05年天皇杯優勝。
今年2月には、Jリーグ優勝チームと天皇杯優勝チームで
争われるゼロックススーパーカップのタイトルも獲得した。

日本版フリーガンと陰口叩かれた熱狂的サポーター集団は、
2ndステージ優勝を決め、推定20トンの紙ふぶきが舞ったと
いわれる試合後、自分たちでまいた紙ふぶきは自分たちで
掃除して帰る、という行儀も身につけた。

「Jリーグのお荷物」から「世界のビッグクラブ」、そして。

『浦和、悲願のJ1初優勝 直接対決でガ大阪下す』
[2006年12月02日15時51分 朝日新聞]
c0061753_1348585.jpg

買い物から帰ってきて一作業を終わらせた後に、親友から
メールで試合のことを知らせるメールが入っていた。
スポーツニュースを見て、家を出る際に抱いていた確信が
事実に変わった瞬間を見届けた。

新しい勤め先への入社を来週の金曜日に控え、ソレまでは
と止めていたビールを冷蔵庫の中から取り出す。

プシュ!カコ!っという小気味良いプルトップの音がする。
We are REDS
十数年待ち続けた日が、本日ようやく訪れた。
選手と全ての仲間達にカンパイ!
[PR]
by zerohour_co | 2006-12-02 23:33 | 浮き世のコト

野戦病院超え。

【先生】「どうして、こんなになるの?」
ゼロ「【えーっと。。。】」

ニッセnの通販で買ったベッドを粗大ゴミに出して早2週間。
フローリングに寝袋を敷いてのイモムシ生活を2週間。

典型的量産型体型にも関わらず、坊主頭にも関わらず。
寝違えて痛めた、【首】を更に寝違えて痛めました。
半分、鞭打ち状態、とでも申しましょうか。

上下左右、顔を動かすと悲鳴を上げたいくらいの激痛。

笑ってコラえて、内心はムンクの『叫び』で対応しつつ、
人生初の整体院に健康保険証もって出掛けました。
【先生】「どうして、こんなになるの?」
ゼロ「フローリングに直に寝袋で寝てたから、かな?」

【先生】「バカじゃないの?」

初対面の方に素敵な御言葉を賜りました。
首はおろか、背中、腰に至るまで筋肉パツパツ、だそう。
中年女性先生に日々率直な御言葉を頂きに通院する傍ら。

丈夫なスチール製!
床板は木の「すのこ」状ではなくてスチールメッシュ!
野戦病院もビックリ、ヘッドレストすらないシンプル機構!

ヴァナ・ディール世界のブロンズベッドもかくや、という以上、
三つの条件だけを満たすベッドを求め、痛い首を胴に乗っけて
近郊の店舗を彷徨う日々。

で、昨日届きました。野戦病院超えベッド。
c0061753_1155814.jpg

ベッドフレームは、有楽町のビックカメr!
ベッドマットは、今回もやっちまいました、通販生t!

広々したセミダブルにも憧れつつも、気に入ったフレームが
見つからなくて諦めました。
マァ、部屋の半分が寝床で埋まるのも、どうかと。

さて、首の痛み【さようなら。】といきますか、どうか。
[PR]
by zerohour_co | 2006-11-27 11:05 | 浮き世のコト

この際だから。

近日中にカタつけようと思っていたことがある。
寝具の事である。

半ば自分へのメモなので折りたたみ。
[PR]
by zerohour_co | 2006-11-07 14:13 | 浮き世のコト

早かったような、短かったような。

首をキュウと締めてるネクタイを緩めながらエレベーターを
降り、家の扉を開ける最終面接帰りの午前11時45分。
新聞受けから二つに折って放り込まれ、玄関に落ちている
茶色の封筒。

みゅ?
ペーパーナイフという小洒落たモノを持ってないウチは、
そのまま封筒の上の方を指で持ちビリビリと封を破る。
嗚呼ナルホド。

全国1億2千万人、ウチとの酒盛りをお約束しておりました
極少数の皆様、お待たせいたしました。
c0061753_9243418.jpg

散々ぱら無職になるよ~と言っておいて、この報告をしないと
「ヤツはダイジョブか?」と、なりかねないので業務連絡。

ウチが個人的に「本命」と目してる企業群の1つから本日、
内定通知表が届きましたので転職活動は終了でございます。

マトモな転職活動を始めてから、一ヶ月とちょい。

東に就職フェアあらば台風直撃の日に濡れ濡れになって出向き、
西に面接試験あらば財布の重さを気に病みつつ新幹線に乗り、
南に筆記試験あれば数年ぶりに開くSPIテスト対策本と格闘し、
北に健康診断あらば5日間禁酒を敢行するも基準値を超える。

色んなトコロに行き色んな事をさせられ色んな事を話しました。
その結果。
数社から内定が出て数社で最終面でハネられ数社で結果待ち。
でも、まあ。
ある程度納得のいく内容かな、と思うので活動終了。

個人的には大学時代に殆ど勉強せずに合格しなかった鬼門、
SPIテストが普通に解けるようになってたのが嬉しかった次第。
。。。そこかよ?

ともあれ、【おめでとう!】ウチ。【ありがとう】ウチ。
入社日は12月の上旬。
なので、今一度部屋の掃除をしつつ今少しユルユル過ごしま。

肝臓の基準値が4つばかり超えたので量のセーブはしつつも、
祝杯のお誘い、お待ちしております。
あ、一杯目はサービスでよろしう。
前の会社退職金が廃止されてたので、【お金がありません。】

以上、正式な退職日直後の貧乏人からのお知らせでした。
[PR]
by zerohour_co | 2006-11-02 16:58 | 浮き世のコト

掻かずに撫でてきたけれども。

「しもたー」と思った。
新大阪駅ほど近くにあるビジネスホテルの朝食サービスで
出されたオニギリを食みながら、ウチは、ロビーにあった
朝刊の一面を読んでいた。

『「足の裏は撫(な)ぜるんじゃなく、掻(か)くもんや」。』
それが、正しいお参りの作法であるという。
『足の裏を掻いて笑わせると、幸福になれるそうだ』。

大阪・新世界の通天閣にある、ビリケンさんの話である。
c0061753_7353270.jpg

オオサカ強襲、再び。
昨日、転職の最終面接後に登ってきました、通天閣。

ビリケンさんの足、掻かずに撫でて、というか触っただけ。
そか。
皆が掻いてくから、えぐれた様に足の裏がヘコんでたのか。

日曜日という事もあるのだろうけど、ンゲー混んでいた。
二階に上がるエレベータに乗るまで30分。
二階から五階に上がるエレベータに乗るまで更に1時間。

貰った通天閣のパンフや持ってきてた文庫を読みながら
独りで順番待ちをしてると、周りの会話が聞くとはなしに
耳に入ってくる。

ビリケンさんにコレお願いするわ、あぁアレな●×○やろ?、
そそソレソレってなんでやねん

あちこちで聞こえてくる掛け合いのような会話。
そかー、このノリか、と妙に感心する。

朝刊にも『小学校で「大阪の工業で一番有名なのは何?」と
聞くと、児童の多くが「吉本コーギョー(興業)」と答えた』との
例えが載ってた。
話好き、笑い好きな大阪人らしいエピソード。

偶然、再建されてから50年と1日たった通天閣をナントナク
めでたい気分で後にする。
そして通天閣近くにあった「かんかん」で、大阪人にとって
身近なモノを食べた。

あつあつトロトロ。
食べながらふと、面接で役員の方からされた質問を思い出す。

「丁寧な言葉遣いで良いんだけど、お客さん相手だとカタイワ~
カタイカタイって言われるよ?」
話さないとカタイし、イントネーションが違うとキモチ悪いし。
痛し痒しとは、この事でだけど。

あちこちで聞こえてくる会話のテンポ。東京とは違う特有の感性。
なんだか大阪が好きになってきた気がする。
はふはふと口の中を火傷しながらも、たこ焼きを放り込む。
ンマかった。

実物には台座に英文で「万事をあるべきままにつかさどる神」と
刻まれるらしい。
これで昨日やり損ねた代わりにならんかな、と朝刊読みながら
昨日買い求めたビリケンさんキーホルダーの小さな足の裏を
人差し指で掻きながら思う。

これから50年生きてるか判らないけど、転職して大阪住むなら
あと30年間。
万事あるべきまま、か。細かいコト気にしてもしゃあない。
好きなら、30年あったらナントカなるでしょ。

記事補足:以下新聞の記事抜粋
[PR]
by zerohour_co | 2006-10-30 07:35 | 浮き世のコト

スイッチ。

新聞を開く。

目を通したのは、いつもと反対のテレビ欄。
うほー!
思わず狭い部屋で奇声を上げてしまった。

話は小学生時分にまで遡る。

小3くらいから通ってたゲーセンで、ウチが熱狂してたのが
ナムコ往年の名作「ゼビウス」。
ソレが自分ちでも出来る?あのゲーセンにある筐体でなくて?
もっと小っちゃい?その夢の機械の名は「ファミコン」?

ンマー。
そう聞いたヘタの横好き生半可ゲエム野郎なウチはサァ大変。
ファミコン本体が14,800円?
ゼビウスのカセット(=ソフト)が4,900円?
【/grin】
ニイタカヤマノボレ。トラトラトラ。アイアイサー。

親の承認もなく勝手にコトを進める気概あふるる根っからの
反逆児は即行動に移したのです。

貯金したよと親に説明をしてたのに、机の2つ目の引き出し、
その裏にガムテープで止めてた一個のお年玉袋。
2万1千円也。
それを引っ掴んで暮れなずむ街に飛び出す小5が一人。

家に戻ってくると両手には、親には見慣れぬ銀色の箱が。

マタやりやがった!と座れない程ケツをペシペシされるけど、
確信犯のウチは覚悟の上なので、ぢっと我慢の子なのです。
当然、「ピコピコ」に反対の親は手なんざ貸してくれないので
痛いお尻をこぅチョット浮かして独りで設定を始める少年ゼロ。

アンテナと本体の間にRFスイッチを繋いで下さい。
とかナントカ書いてあるのを。

当時はビデヲなんてないから、赤い端子をサクっと差し込む、
とかじゃなくて。
黒いビニールの皮を剥いたり、銅線まで切っちゃって、も一回
やり直したりするワケです。

プラモとか作ったことないから、その時生まれて初めてペンチ
持ったような怪しい手つきで。

で、ココからが本題。毎度、長くて申し訳ない。

なんとか説明書通り設定をしてファミコンの電源を入れると、
今まで見てた公共放送の画像が波状に歪んで見えなくなる。

これ以上叩かれる4つに割れちゃうからウチも必死になって、
説明書みたり宿題やってる友達に電話したりして聞くん。
当時はコードレスなんてシャレた技術はないから。

黒電話で。

そしたら、本体の後ろに1CHと2CHの切り替えスイッチが
付いてるからソレだよって。

関東だったら1チャンがNHKだからファミコンのスイッチを、
2チャンに合わせてTVを2チャンに合わせる。
関西だったら2チャンがNHKだからファミコンのスイッチを、
1チャンに合わせてTVは1チャンに合わせる。

はい、もうお解かりですね?
ウチは半信半疑だったワケです、もう二十年来半も延々と。
「公共放送は関東が1チャン、関西が2チャン」の真偽を。

で、確かめる機会が、二十年後やっと到来。

今日、転職活動で再訪しました(浪)花の都、オオサカ。
面接試験終わって梅田と新世界を電車と徒歩でプラプラし、
ぇえい!一泊しちゃえとビジネスホテルを4、5件回ったトコで
安い宿にチェックイン。

ホテルサービスの一環でくれた毎日新聞の朝刊をバサ!
c0061753_23301863.jpg

うほー!
[2]NHKテレビ、って書いてる!
絶対トモダチに騙されてる、と思ってた疑問が本日氷解。

これだけでも大阪を再訪した甲斐があった。
小銭と領収書が倍増して、偉人の顔が激減した財布をみて、
自分を納得させた10月最後の日曜日。
[PR]
by zerohour_co | 2006-10-29 23:30 | 浮き世のコト

恐るべし。

空腹を抱えつつも、地下街をプラプラ歩く。
マック。新宿さぼてん。スタバ。ぼてじゅう。五右衛門。。。

ちょっとウンザリして、駅ビルの中に戻る。

そこで、「なご家」という看板を掲げているラーメン屋に入り、
名古屋コーチンでダシ取りました、と書かれてるラーメンを
注文をして一息ついた。

と、いうことで名古屋、再訪。
転職活動の一環で来てるのに、気分はスッカリ観光者。
イエス!イエース!ジャスト、サイトシーング!そんな感じ。
嗚呼、それなのにソレナノニ。

ナゴヤ独特の特徴の一つだと思う長い地下街にあるお店は、
何処かで見たことある有名チェーン店ばかり。
何だって遥々ナゴヤまでやって来て、「新宿」の冠がついた
モノを口に放り込まなきゃナラナイのさ、ってワケですよ。

きしめん。手羽先。天むす。味噌カツ。味噌煮込みうどん。
ういろう。赤福。そして、エビフリァア。

名古屋とか各地に足を踏み入れたなら、他の地域にはない、
地元の人だけがンマイと言ってるようなモノが食べたい。

食にはボーダレス化は要らない、地域性万歳!

ペコペコの腹を抱えながら、未だ見ぬ地域独自モノを探して
アテも無く街を徘徊してしまう、ウチはナシですか?(反語)

こんな事を考え考え徘徊してたら、発見しましたコンビニで。
強度の珍しいモン好きなウチの嗅覚に、名古屋名物の一つ
という匂いがプンプンする一品。
c0061753_144814.jpg

寿がきやのラーメン。

明日の朝メシはコレに決定。
美味かは問わない、願わくばインパクトの味であって欲しい。

そして、次回ナゴヤに行く事があれば、とりあえず最優先で
確保ね、と心に決めてる一品は「あんかけスパ」。
これも今回、街を歩いてて初めて見た一品。物凄い興味ある。

なんだか予想もしないものがマダマダありそうな中京の雄。
恐るべし名古屋、そう申し上げておきましょう。
[PR]
by zerohour_co | 2006-10-24 14:04 | 浮き世のコト

トリップ。

「なんだか特殊な状況にいるとき、人はついつい自分の
価値観が揺らいでしまって奇妙な買い物をしてしまう」

ウチが旅行や長時間の外出に出る際に必ず携帯する
愛読書が某プレイ日記である事は、殆ど世に知られて
なくても一向に差し支えない事実ではありますが。

「修学旅行で中学生が購入する木刀」
著者たる某編集者様が、先に抜粋した記述における、
その行為における象徴的な例として上記を挙げるように、
特殊な状況下において人は舞い上がって突拍子もない
行動に出ることが多いのであります。

「ハマッちゃいけねぇハマッちゃいけねぇ、そう思いながら
ハマッてく自分にハマッてく自分がいたよねぇ~」
ドラマ「虎&竜」に出てくるソバ屋の主も、水商売の女に
のめり込んで行く心境を、こう表現しております。

つまり、「舞い上がってる自分を認識しつつも、舞い
上がってる自分を楽しんでる」のは実に楽しい事だ!と
ウチはかように愚考するのであります。

ハイ、以上長々と引っ張りましたが、お待たせしました。

わかっちゃいるけど【空蝉の術】でも回避できない。
家に帰ると、なんだか勿体無くて2年は未使用のままで
確実に収まってるんだろうな~と思いつつもやっちまった
我ながら困ったちゃんな大阪でのお買い物はコレ。

スタバのご当地マグ。
しかも、大阪・京都・神戸の三都市ぶんを一度にご購入。
c0061753_15373512.jpg

デザイン狂にして強度の珍しモン好きのウチは、この手の
ご当地モノを見るとドキがムネムネしてヤヴァイのです。

気が付くと、スーツやデLLのノートパソ(でっかいの)で
結構な重量になった鞄に新たな重みが追加された次第。

しかも、自宅の戸棚にはン年前、元同僚オモチャ様の
職場を冷かしに遊びに行った際にムネムネしてしまった
名古屋ヴァージョンが未使用で鎮座してるのでござる。
ホントにバカだねぇ~。

人はトリップするとトリップして奇妙な買い物をしてしまう、
その事が改めてよく判りました。
買い物は冷静に。

更に、もし皆様が住まわれる地域に、スタバご当地限定
マグがございました折には、是非ご一報を。
ウチの戸棚には未だ若干の余裕がございます。

以上、気分は完全に旅行感覚、無職直前な坊主頭の
愚行をお送りいたしました。
[PR]
by zerohour_co | 2006-10-15 15:37 | 浮き世のコト