ブログトップ

FF11±ゼロ。

zerohour.exblog.jp

恐るべし。

空腹を抱えつつも、地下街をプラプラ歩く。
マック。新宿さぼてん。スタバ。ぼてじゅう。五右衛門。。。

ちょっとウンザリして、駅ビルの中に戻る。

そこで、「なご家」という看板を掲げているラーメン屋に入り、
名古屋コーチンでダシ取りました、と書かれてるラーメンを
注文をして一息ついた。

と、いうことで名古屋、再訪。
転職活動の一環で来てるのに、気分はスッカリ観光者。
イエス!イエース!ジャスト、サイトシーング!そんな感じ。
嗚呼、それなのにソレナノニ。

ナゴヤ独特の特徴の一つだと思う長い地下街にあるお店は、
何処かで見たことある有名チェーン店ばかり。
何だって遥々ナゴヤまでやって来て、「新宿」の冠がついた
モノを口に放り込まなきゃナラナイのさ、ってワケですよ。

きしめん。手羽先。天むす。味噌カツ。味噌煮込みうどん。
ういろう。赤福。そして、エビフリァア。

名古屋とか各地に足を踏み入れたなら、他の地域にはない、
地元の人だけがンマイと言ってるようなモノが食べたい。

食にはボーダレス化は要らない、地域性万歳!

ペコペコの腹を抱えながら、未だ見ぬ地域独自モノを探して
アテも無く街を徘徊してしまう、ウチはナシですか?(反語)

こんな事を考え考え徘徊してたら、発見しましたコンビニで。
強度の珍しいモン好きなウチの嗅覚に、名古屋名物の一つ
という匂いがプンプンする一品。
c0061753_144814.jpg

寿がきやのラーメン。

明日の朝メシはコレに決定。
美味かは問わない、願わくばインパクトの味であって欲しい。

そして、次回ナゴヤに行く事があれば、とりあえず最優先で
確保ね、と心に決めてる一品は「あんかけスパ」。
これも今回、街を歩いてて初めて見た一品。物凄い興味ある。

なんだか予想もしないものがマダマダありそうな中京の雄。
恐るべし名古屋、そう申し上げておきましょう。
[PR]
by zerohour_co | 2006-10-24 14:04 | 浮き世のコト
<< フラッシュバック。 森林を行く。 >>