ブログトップ

FF11±ゼロ。

zerohour.exblog.jp

であります。

就職協定が廃止になった初めての年度の10月。
だったと思う。
大学三年だったウチは、驚愕の新技術に心奪われた。
その名は、web。またの名をインターネット。

当時はまだ「就活」と短縮される前の古き良き時代。
いや。
協定廃止に伴う就職氷河期から「雪解け」と言われつつも
前年までの就活ノウハウが通用しなくて戦々恐々としてた、
あの時代。

ウチは、エントリー葉書をしたためる作業そっちのけで、
webの魅力にドップリ浸かった。
いや、正確にはwebチャットの魔力に魅せられた。

大学の図書館に8台だけあったwebにアクセス出来るPCで、
「遊び目的厳禁!」吠える司書の監視の目を掻い潜りながら
webチャットに潜入し、日本の何処かにいる人々との会話に
夢中になってた。
あの頃。
バイトに、課題のレポートに、就職活動に、webチャット。
4つの草鞋をムリムリ履きながら、もう一つ、夢中になった
モノがある。

金髪ツンツンのアンチャンが、銀髪のアニキを探し求める。。。
激しくアヤしい耽美派陶然の作品、とヒドイ誤解を招く表現だが、
正しい少年少女にも安心な、一本のゲエム。

ゲエムのストーリーを進めるのも確かに面白かったけれど、
天邪鬼のウチは本筋とは違う別のところに楽しさを見出した。

青い服に、顔までスッポリと覆うヘルメット、捧げ持つライフル銃。
そして、あの言葉の語尾。
金髪ツンツンより銀髪アニキよりボンキュボンより猫型ロボよりも、
わらわらと湧く雑魚扱いの敵役に心奪われた。
君の名は、神羅兵。
個性あふるる兵士たちが見たくて、ゲエムの進行とは無関係に
駐屯地になってる街まで何度も立ち寄って、その言動を楽しんだ。

その余りの熱狂振りにwebチャットに、あの語尾が飛び出す始末。
「まいど。ゼロであります!>あLL」
最高学府に行かせてもらってるのに、ウチは一体何をやってるのか。
そう時として思う程チャットと神羅兵にウツツを抜かした、あの頃。

あの愉快な学生時代から数年。世は確実に進化した。
ネットワークが世界を覆い、より遠くより早く、人の意思は世界中を
駆け巡る。
シゴトにも慣れ、遅い帰宅の慰みに一本のラガービーrとFF11が
定番となってるウチに、あの熱狂が再び訪れる!
かも、知れない。

『本作はシングルプレイゲームでありながらネットワークに繋ぐことで
マルチプレイヤーモードが起動し、DG ソルジャーとなったユーザー
の皆さん同士で、新たな戦闘のドラマを作り上げてゆくことができる』

この記述を目にした時、悦びにうち震えた。
ネットワークに繋いで日本の何処かにいる人々との会話も楽しめて、
しかも「DGソルジャー」。。。神羅兵にもなれる!?

そんなワケで発売日にソフトをソッコー購入し、月イチの6時間耐久
支社営業会議を乗り越えて、着ている背広とネクタイもそのままに
帰宅後直ちにネットワークにアクセス。

「ダージュ オブ ケルベロス -ファイナルファンタジーVII-」
マルチプレイヤーモード


ナニをアレしてイイのやら、未ださっぱり要領が掴めないけれど。
当分の間、ヴァナ・ディールとミッドガルの二重生活を楽しもうと、
そう思うのであります。
c0061753_4365481.jpg

オモチャさま、リアルでオカネが貯まらない理由が解ったよ。
書籍だけじゃなくて、色んなモノを衝動買いしすぎだ、ウチw
[PR]
by zerohour_co | 2006-01-27 02:45 | 浮き世のコト
<< いつでもドコデモ。 なんだかフト思いついちゃった。 >>