ブログトップ

FF11±ゼロ。

zerohour.exblog.jp

つるつる。

「♪L~ast C♪」
ラジヲから流れる定番の、あの曲に若干ブルーになりながら、
朝もはよから川越街道を西へ西へと独りクルマを走らせる。

ちょっとした相談ごとも兼ねて偶には遊ぼうや、とカイシャの
元同期オモチャ様(FF11経験ナシ所帯持ち)を訪ねて、
アヤセから出発すること2時間、辿りついた都内西東京某所。

購入4年にして走行距離8千キロ。宝の持ち腐れ、そう後ろ指を
さされるホンダの赤フィットにオモチャ様を収監して向かった先は、
通称「つるつる温泉」。

このネーミングだけでも結構、命名者のセンスを疑うんだけど。
もっとスゴイのがキャッチコピー。
建物の入り口に、温泉名を記した看板等があるのはドコでも
同じだと思うけれど、ココのは違う。
キャッチコピー付のプレートが建物の入り口に埋め込まれてる。

「生涯青春の湯ひので三ツ沢つるつる温泉」。
c0061753_21185860.jpg

生涯青春の湯、ってコピーが採用されちゃうセンス、それを堂々と
プレートまで作って建物に埋め込んじゃうセンス。脱帽。
緊急放送!奥多摩に幻の懐の深さをみた!
そう水曜スペシャル川口●探検隊風に絶叫したくなる程のセンス。
ワラタ。苦笑いだけど。

江戸っ子を自認するご老体には物足りないかも知れないけれど、
熱さ控えめ、お湯そのものがヌルヌルとする温泉で、実家の風呂は
いつも家族の最後に入らされていた、ぬるい湯好きのウチにとって
最高の湯加減。
都心より5度は低い寒空の下、露天風呂に30分超も浸かりながら。

タゲって、ナニ?ぷりけtって、どゆこと?【ガルカ】ってどんなの?
【エルヴァーン】って首が伸びるの?

FF未体験ながら首長族【忍者】特有の動作< >にご執心な
オモチャ様と、奇想天外、抱腹絶倒、未経験者ならではの奇問、
難問、FFというゲエムの本質を考えさせられるような質問、
質疑応答をアレコレ繰り返す。

うーん。未経験な方と情報を共有できるような表現って、難しい。

サウナ入ったり、檜風呂に浸かったりして2時間後。
ホントに肌つるつるになって温泉を後にし、ンマいと評判らしい
ラーメン店(確かに美味しかった)やら、滝(ゴメン名前忘れた)に
案内してもろた。
特に滝!
滝全体が凍るの日を予想する「爆氷」当てがある程、寒さの
厳しい場所で既に凍った氷柱群と、抗うように流れ続ける滝。
c0061753_21142017.jpg

自然の凄さを垣間見た気がして、柄にも無くチョット癒された。
つか、マイナスイヲンが肉眼で見えた。
と大ウソつく程の余裕は出てきた。ありがとう、オモチャ様。

おバカなカーナビに翻弄されての帰り道、日帰りでアヤセに帰り、
一息ついてヴァナ・ディールに降り立つ。
赤い帽子に赤い服、シャンシャン鳴る鈴の音溢れるジュノ港から
飛空艇に乗り込む。

七面鳥だか鶏の肉料理と、シャンパン風炭酸飲料もしくはビール、
はたまたワイン。

そんなベタなクリスマスとは今年も縁がなかったけど、ヴァナ仕様
クリスマス「星芒祭」のために【バストゥーク商業区】に設置された
巨大なツリーを観ながら過ごすクリスマスイヴ。
c0061753_21153718.jpg

メリークリスマス。

追伸:
オモチャ様。デジカメ写真、早速送ってくれて有難う。
掲載したかったんだけど、画像が大きすぎて掲載できず。
縮小できるソフトとスキルが身に付いたらココに載せます。

更に追記:
しくろ様およびオモチャ様のご協力を以って、奥多摩への
小旅行の画像を2点掲載。本当にご協力に感謝します。
(06年1月元日)
[PR]
by zerohour_co | 2005-12-24 21:16 | 浮き世のコト
<< 細切れ時間をかき集めて。 実践オトナ養成講座。 >>