ブログトップ

FF11±ゼロ。

zerohour.exblog.jp

脳内麻薬と無限増殖。

ゴハンを食べ新聞を読んだ後、お昼限定で遊ぶヒゲヲヤヂの名作

旗にしがみ付く際の、花火の数。
地下のリフトを乗り越えて壁の向こうにある、ワープ土管。
「スケート」と呼んでた片足でツーッっと進む状態になる、
土管を出た直後のAとB両方を押してる数秒間。

そして、とある面のゴール間近でカメ相手に繰り広げる無限増殖。

昔やった小技大技を繰り出して懐かしいなあと、独りニヤニヤする。
ドーパミンやらエンドルフィンといった脳内物質が体内を駆け巡る。
ちょっとハイな気分になる。午後の営業活動に効果てきめん。

それでも、昔なら難なく進むところで繰り返すミスの嵐。
飽きるまで、一日1クリア制限時間は90分!と自らリミットを課してた
幼少の自分には遠く及ばない。
不甲斐ない自分に失望しがらも、テテテッと進むヒゲヲヤヂの雄姿。

1UPキノコ、10コインブロック、豆の木、ワープ土管。
ジャンプのタイミング。敵を粉砕していくコツ。
それらを勝手にを叩きだしていくヒゲヲヤジ。
否。
自分の記憶や意識とは無関係に、勝手に動くウチの指。
戦慄した。

人はどれ位のモノを覚えてるんだろう、忘れないんだろう。。。
予期せぬ美技を繰り出すヒゲヲヤヂに、戻れぬ過去を見出した
昼休み中の企業戦士が約一名。
[PR]
by zerohour_co | 2005-09-15 23:35 | 浮き世のコト
<< オトリダ【竜騎士】【いりませんか?】 旋律と戦慄。 >>