ブログトップ

FF11±ゼロ。

zerohour.exblog.jp

異動と、【ふいうち】wait 2【だまちうち】。

6月末で、会社を去る男性の後輩と異動する女性がいる。
本日。その送別会。

「へぇ、宝くじの買い方にそんな法則があるんだ!」
「ふーん。その彼氏には、こう言ってやれ!」
「支社長!相変わらず3(ピー!)歳にもなってダンス巧すぎ。
腰使いすぎ。だから奥様と離婚させられるんだよ!」
「新卒で入社3年目にして、まぁイイんだけど。いやぁ。
正直、最近成長してきたチチを武器に使いすぎじゃね?」

。。。まあ数々のセクハラ発言はスルーでよろよろ。

最初のカンパイ以後、段々と熱を帯びていく。
序々にヒートアップする有楽町にあるアジキチの一角。

オーダーストップを@30分後に控えて、
アドリブ好きの支社で鳴らす支社恒例のイベントが始まる。

去り行く二人に一言!ということで、即興で出されるお題に、
クジ引きで選ばれた人達が即答する余興。

「去り行くアナタに、すまんかった!とザンゲしたい、
あの出来事は?」
「去り行くアナタに、これはマネできねぇ!という出来事は?」
「去り行くアナタに、スゴイ!仕事人!と思う、あの出来事は?」



くじ引きで選ばれた人々は各々、面白コメントを連発する。
アドリブで。
相変わらず、後輩も先輩も問わず、コメントのキレ味抜群。
オモロすぎる。

「さて、最後の質問です。三年後、○○になってください!」

そのクジ引きで選ばれたのはウチだった。
うぁ~。
いままで目立つのを避けて面白コメント言うのを
逃げ続けた3年間なのに。

「○○さん、お嫁に来てください!」って言っちゃいなよ。
そう耳うちする、ウチの同い年の女性アシスタント(美人)。
ゼロ「お!それオモロイね!」

そう応じたモノの。。。
ネタとしてはアリだけど、気持ちとしてはアレだしなあ。
。。。公衆の面前で言えないっしょ?本当のコトは。

付き合う直前の彼氏候補がいるのも、本人の口から聞いてるし。

むぅ~。
珍しくオサケの席で汗をかく。

充分な思考時間の与えられないまま、コメントを言う、
その瞬間が訪れる。ぇぇい!ママヨ!そのまま言ってしまう。

ゼロ「ぇー。○○さんは来月に横浜の支社に異動してしまいます」

続けるウチ。

「異動したら今にもまして超絶技巧な処理能力をを身につけて、
会社にその名を轟かすコトになる、○○さんになって欲しいコト。
三年後!是非とも!必ず!絶対に!お願いしたい点があります。
。。。ウチのお嫁さんになって下さい!!!」

続けるウチの最敬礼。お辞儀は、キッチリ30度。

それと共に、大きな歓声が上がる。
大ウケ。

湧き上がるイッキコール。
それに答えるウチ。

率直に言って、本日の大爆笑MVPはウチ。当選確実!
ゼロ(本名)コールが起こる程だもの。

ただ、やり取りの中にも気になる周囲の応対。
「ィエー!!!」
各席で隣同士の人と共に起きるハイタッチの嵐。

ん!?
ヒョッしたら。。。ジワジワと心に広がる疑念。
。。。ウチの秘めた想いはバレバレですか?

その後、別々の席で、その子と直接話せずに
返答を貰わないまま一本締めで終わる一次会。

カラヲケ嫌いなウチは、支社の各人の引きとめをヨソに、
隙をついて逃げるように立ち去る。

だって、カラヲケ苦手なんだもん。

思いがけなく告る機会があったのは天佑と思う。
ただ、悔いは残る。
やっぱり直接、意思確認しとけば良かったなあ、と。

さあ、「電車男」もビックリの、この展開。
異動まで@一週間。

さあて、ドウシヨウ?
[PR]
by zerohour_co | 2005-06-25 01:39 | 浮き世のコト
<< 反省の弁。 ジーコ監督の複雑な胸中とFF11。 >>